Netlifyは、GitHubやGitLab.comなどのリポジトリサービスにだけ対応していると思っていたのですが、自前サーバーにインストールしたGitLab-CEからも、Netlifyにデプロイできるっぽいので試してみました。

NetlifyのWEB UIからでは、GitLab.comしか指定できないので、netlifyのCLI「netlifyctrl」を使って設定します。

# netlifyctrlのインストール

https://github.com/netlify/netlifyctl#installation

Windowsで作業したので、Windows用のDirect Binary Install をダウンロードしました。

zipファイルを展開し、netlifyctl.exeにPATHを通します。

今回は、C:\Program Filesに保存し、PATHを追加。

PATHの編集方法は、
コントロールパネル>システム>システムの詳細設定

最近のWindows10はコントロールパネルになかなかたどり着けず、Windowsメニュー横の検索窓に「コントロールパネル」と入力してたどり着きました。

# netlifyのアカウント認証

>netlifyctl login

ブラウザが起動し、netlifyの認証ページが表示されるので、画面の指示に従って認証します。

# デプロイ設定

GitLab CEのリポジトリからcloneしたブログのプロジェクトフォルダに移動します。

その時のブランチが、デプロイに使われるので、デプロイ用のブランチになっていることを確認します。

# コマンド実行

>netlifyctl init --manual
Create a new site? (yes/no) yes
Site created  ✔

# デプロイフォルダ指定

Directory to deploy (blank for current dir): (default: .) dist

ビルド後に公開するフォルダを指定。

# ビルドコマンド指定

Your build command (hugo build/yarn run build/etc): yarn build

ビルドするためのコマンドを指定。

# 設定確認

Configuration:
    Repository: ssh://[email protected](GitLabCEのサーバー)/project/repository.git
    Production branch: master
    Publishing directory: dist
    Build command: yarn build
Continue? (yes/no) yes
Configuring Continuous Deployment ...

設定を確認して、問題なければ次へ。

# sshキー設定

Give this Netlify SSH public key access to your repository:
ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2EAAAADAQ.........................................

netlifyからgit cloneするためのsshキーが表示されるので、GitLab CEに設定します。

# Web Hook設定

Continue? (yes/no) yes
Configure the following webhook for your repository:
    https://api.netlify.com/hooks/xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

デプロイのために呼び出すWeb HookのURIが表示されるので、これもGitLab CEのプロジェクトに設定します。

プロジェクト>設定>インテグレーション

トリガーには、Push eventsとMerge request eventsを設定しました。

# 設定終了

Continue? (yes/no) yes
Success! Whenever you push to git, Netlify will build and deploy your site  ?[32m✔?[0m
    https://nifty-xxxxxxxxx.netlify.com

これでnetlify上に新しいサイトが作成されています。

netlifyのWEB管理画面からサイト名などの設定をしてデプロイ出来ました。

# 参考